一般社団法人 山梨県理学療法士会

山梨県理学療法士会トップ > 会長挨拶

会長挨拶

Change Оf Start
~創立50周年に向けて~

士会長:小林 伸一

新理事を迎えて

会長 写真

5月15日の総会におきまして、新理事3名を迎え13名の理事と2名の監事の信任をいただきました。新たに一期2年、より一層身近に感じられる士会活動や県民の医療・介護等に寄与する活動を念頭に、地に足を着け全うして行きたいと思います。引き続き士会活動へのご協力をお願い致します。

協議会に結集して

2015年8月三士会合同で、全国で5県目?となる「山梨県リハビリ専門職団体協議会」を新たに立ち上げ、①訪問リハ、②地域支援事業等推進、③特別支援教育、④災害対策、⑤認知症対策の5つの委員会活動やリハ専門職合同学術大会、ケアマネとの研修会に取り組んできました。今年度から3年間磯野副会長が協議会長を務めます。これからも益々三士会協業して活動することが重要であり求められます。

Change Оf Start

1971年7月に16名の会員で発足した士会は、3年後に創立50周年という節目の歳を迎えます。この間士会は法人格を取得し公益団体へ移行、事務局機能を含む組織の見直し、学術面では、県士会・関ブロ・全国学術研修大会等の学会や多岐に渡る研修会を開催し知識・技術の研鑽に努め、公益性においては、県民への寄与と啓発を目的とした公開講座や国体等スポーツ大会への派遣も行ってきました。そして何より、諸先輩方が脈々と築き上げた土台に若い力が加わり、時代に即した多様な発展を遂げ続けております。

発展してきた士会もあと3年で半世紀、会員数1000名へ、いよいよ若い世代のリーダーの下、新たなスタートを切る時を迎えようとしております。今期は3年後を見据え協会・関ブロ・士会の動きが見え易く、より多くの士会員と共に活動できますよう組織の改編を行い、新時代に向けての土台作りの2年間と位置づけて活動していきたいと思います。

これからも監事両名のご指導と士会員の皆様の高所大所からのご協力をいただきながら士会発展の為、尽力していきたいと理事一同考えておりますので士会活動へのご支援を重ねてお願い申し上げます。

2018年5月

ページトップへ